予防歯科

健康な歯は毎日の歯磨きから

予防歯科とは、生活習慣病である虫歯や歯周病を毎日の歯磨きで改善していくことです。当院では、健康な歯の自己管理を目的として定期健診で正しい歯磨きの方法や歯磨きのポイント等をお伝えしています。

PMTC(歯のクリーニング)

虫歯の原因は細菌による感染症です

PMTC(Professional Mechanical Teeth Cleaning)とは、専用機器を用いて、歯ブラシで落とすことができない歯の汚れ(プラーク)をきれいにクリーニングすることをいいます。歯ブラシでは届かない歯周ポケットの汚れまでキレイにすることで、虫歯や歯周病になりにくくなり予防効果にもつながります。
※歯のクリーニングを受ける間隔には個人差があります。

歯周病チェックシート

定期検診

知らない間に虫歯が進行している場合も

継続的に歯磨きを行っていても3~4ヵ月に1度の定期健診をお勧めしています。たとえしっかりとご自身で口腔ケアがなされていたとしても、知らない部分で虫歯が進行している場合があります。
また、定期健診に通うことで虫歯や歯周病も早期で発見でき、治療による身体や費用への負担を軽減することができます。
いつまでも健康な歯で食事を楽しむためにも、お時間があるときには定期健診へお越しください。

予防歯科の基本

正しく確実な歯磨きを

虫歯予防の基本はなんといっても歯磨きです。虫歯の原因は歯垢です。歯垢をしっかり取り除く歯磨きをするのが最大の虫歯予防法です。色々な歯磨きの方法が指導されていますが、1日1回でもよいから、正しく確実に磨くことで歯磨きの効果はあがります。

歯磨きのポイント

患者様にあったブラッシングをご提案

歯垢がつきやすく磨きにくい場所を意識して丁寧に歯を磨くことが予防に繋がります。まず「歯と歯茎の境目」がポイントです。この部分はくぼみになっていて、汚れがたまりやすい部分です。「上の奥歯の外側」と「上下奥歯の内側」も磨き残しをしやすく歯垢がつきやすい部分です。磨いているつもりになりがちですが、歯ブラシが届きにくいので意識して磨くことが大切です。また、歯ブラシでは磨けない部分には、歯間ブラシ、デンタルフロス、部分磨き用歯ブラシなどの補助器具で虫歯予防をお勧めしています。
「自分にあった歯ブラシを使っている?」「歯ブラシの持ち方は正しい?」「正しい位置に歯ブラシが当たっている?」「磨く順序は?」人それぞれお口の環境は違います。患者様にあったブラッシング方法をご提案しておりますので、定期健診にご来院ください。

プラークについて

歯石になってしまったら当院で除去を

プラークという言葉をご存知でしょうか。プラークとは一般的に歯垢と呼ばれるものです。歯の表面に付着する白く柔らかい沈着物で、細菌の固まりです。虫歯・歯周病・口臭の原因になり、磨き残しなどで放置しておくと細菌が繁殖し、時間が経過すると歯石となります。歯石は通常の歯磨きでは取れませんので、歯石にならないようにプラークを除去すること(プラークコントロール)が大切です。
注意して歯磨きをしていても、プラークコントロールは難しいものです。歯石除去は定期的にご来院ください。