歯科口腔外科とは

経験豊富な口腔外科専門医が在籍

虫歯や歯周病、入れ歯の治療だけではなく、「親知らず」「埋伏歯」「顎関節症」「外傷」「嚢胞」「腫瘍」等、顎や顔周辺に関わる病気を取り扱う診療科目です。
当院では、経験豊富な口腔外科専門医が、ひとりの患者さんに対して総合的に治療を行いますので安心して外科的治療を受けることができます。また、必要に応じ歯科専用CTを用いて精密検査を行いますのでご安心ください。

歯科口腔外科で扱う疾患

埋伏歯 親知らずや難しい歯の抜歯。親知らずがうずく、痛い。
良性腫瘍・がん 頬の粘膜や舌にイボのようなものや「できもの」がある。
膿瘍、のう胞 歯の根の先に膿の袋ができている。
顎関節症 あごの骨折、あごの痛みがある。口が大きく開かない。
口内炎 口の中の粘膜が赤くただれている。
外傷 歯をぶつけてぐらぐらしている。転倒して口の中を切ってしまった。
神経疾患 三叉神経痛、顔面神経麻痺。

このうち当院では入院手術が必要なもの以外の治療を行っております。特別な治療や手術が必要な場合には専門医療機関をご紹介いたします。

インプラント専用お問い合わせ