虫歯治療外来

それぞれの患者様に最適な治療方法を

当院では、歯をできるだけ削らず、痛みの少ない治療を目指しています。虫歯治療の場合、事前のカウンセリングをしっかりと行い、一人一人の患者様に満足・安心していただける治療を進めていくようにしています。現在の発達した医療方法を駆使し、患者様にあった治療法をご提案し、ご安心して治療していただける技術で進めています。
皆様に歯の大切さを知っていただくためにも、歯の状態や治療内容などをわかりやすくご案内し、歯磨き指導までサポートいたします。一生使える自分の歯を作ることを目指し、サポートしていきたいと考えております。

虫歯の原因

虫歯の原因は細菌による感染症です

虫歯の原因は細菌(S.ミュータンスやS.ソブリヌス等)による感染症です。これら虫歯菌が砂糖を分解し、多糖体・グルカン(デキストラン)という物質をつくり、歯垢、さらにはバイオフィルムという虫歯や歯周病の原因となる細菌の塊を形成することから虫歯は始まっていきます。

虫歯の進行

  1. C0

    C0

    ほとんど目立つことはなく日常の歯磨きや再石灰化で完治することができますが、油断は大敵です。

  2. C1

    C1

    歯の表面のエナメル質が黒ずみ始めた状態です。まだ痛みは感じません。
    表面の黒ずみを削り樹脂を被せる治療を行ないます。

  3. C2

    C2

    虫歯が象牙質まで達した状態です。多少痛みを感じたり、冷たいものがしみはじめたりします。
    虫歯に侵された患部を削り詰め物・被せ物による治療を行ないます。

  4. C3

    C3

    虫歯が歯髄にまで達した状態です。激しい痛みがあり早期の治療が必要になります。
    治療には麻酔を用い患部を削ります。削った後は詰め物・被せ物による治療を行ないます。

  5. C4

    C4

    歯の形状が崩壊してしまいます。神経も懐死しているので痛みはないですが、菌が全身に回る恐れがあるので早急な治療が必要です。
    歯髄の洗浄と場合により抜歯を行ない、失った歯を補う治療のご提案をします。

虫歯はいつできるの?

歯が生え始めて約2年間は特に注意を

永久歯の場合、多くの虫歯は歯が生え始めて2年の間にしか発生しません。また、乳歯の虫歯は1年半の間に発生し、それ以後なかなかできにくいものなのです。歯が生え始めてから2年間の間は、歯ブラシとフロスとフッ素による予防処置をする大切な時期なのです。一番奥の歯が生えるのは12歳頃ですから、歯ブラシやフッ素洗口法による予防は12歳まで、3~4ヶ月毎に行うことが必要です。

虫歯の治療法

虫歯には3つの治療法があります

つめる治療
これは小さな虫歯などに行います。プラスティックや合金などを使ってつめます。以前は体に有害な金属をつめる治療もありましたが、当院では健康で審美的な治療を心がけ、セラミックでの治療を行っています。
かぶせる治療
神経をとった時や、歯の表面にたくさんの虫歯があるときなどに行います。以前は、主に金合金や銀合金を使ってかぶせていましたが、当院では健康で審美的な治療を心がけ、セラミックでの治療を行っています。
欠損を補う治療
何らかの理由で歯を抜いた後や、歯の欠損部に行われる治療です。少数の欠損ではブリッジをします。金銀合金や審美性を考慮してセラミックなどで欠損部を補います。多くの歯が欠損している場合は、取り外しの入れ歯を入れます。入れ歯で違和感が強い方には、インプラント(人工歯根)治療を行っています。

虫歯の症状は、まずエナメル質表面の白濁から始まります。この状態ではまだ自覚症状がないので放置しがちです。初期段階で虫歯治療ができるよう、定期的な歯科検診をお勧めしています。そして次に、冷たい物がしみるようになります。さらに深くなり象牙質に達すると、食べ物の圧迫によって激痛を発するようになります。さらに進行すると歯髄炎を起こします。歯髄神経が細菌に感染してしまうと、熱いものや冷たいものなどの刺激で激痛が走るようになります。