一般歯科

丁寧なカウンセリングからはじまります

一般歯科とは、虫歯の治療をはじめ歯周病の予防と治療、歯の欠損部を補うことなどです。
当院ではレントゲンを撮影したり、口腔内カメラを使用したりして各患者様の歯の健康状態の診断はもちろん治療方針を丁寧にカウンセリングし、十分理解していただいた上で治療することを心がけています。
虫歯や歯周病の進行を防ぐには、日々の正しいブラッシングも欠かせません。当院では歯科衛生士が虫歯になりにくくするブラッシング指導も行っています。

歯周病治療

気になる症状、ご相談はお早めに

  • 歯ぐきが腫れた
  • 歯ぐきから膿・血がでる
  • 歯がぐらぐらする
  • 口臭がする

などの症状は、歯周病の可能性があります。まずは検査、それから歯周病の治療をしましょう。

歯垢・歯石除去
歯垢・歯石を除去することで、歯周病のもとである歯肉炎を防ぎます。
歯磨きの説明
基本である毎日のブラッシング方法を見直します。患者さま一人ひとりに合った最適な方法をご紹介します。
また、家で行なっていただくことと、医院で行うことを区別して目標を持って取り組めるようご案内します。
噛み合わせの改善
歯周病を進行させる恐れのある噛み合わせを改善します。ぐらぐらする歯を噛ませる訳にはいきません。
お口の中は、1つのチームです。それぞれが助けあい調和を取ることが大切です。

虫歯の症状は、まずエナメル質表面の白濁から始まります。この状態ではまだ自覚症状がないので放置しがちです。初期段階で虫歯治療ができるよう、定期的な歯科検診をお勧めしています。そして次に、冷たい物がしみるようになります。さらに深くなり象牙質に達すると、食べ物の圧迫によって激痛を発するようになります。さらに進行すると歯髄炎を起こします。歯髄神経が細菌に感染してしまうと、熱いものや冷たいものなどの刺激で激痛が走るようになります。

歯周病チェックシート

根管治療

自分の歯とできるだけ長くおつきあいするために

治療したのにまた痛くなった…そんな時は歯の根っこに問題が起きているのかもしれません。
一生自分の歯と、仲良くおつきあいするためには、このような場合にも歯を救い、歯を残す治療をしなくてはいけません。そのためには、歯を支える土台としての根(根管)の治療がとても大切なのです。そうして生まれたのが、根管治療という治療法なのです。
歯を抜かなければならないという診断を受けた方、歯は抜きたくないと思っている方、まずは一度来院して相談してください。

根管治療の重要性
虫歯であっても根管治療によって、もとの歯と同じく噛む力に耐え、永く機能することができます。根管治療後の経過が思わしくない場合、かぶせた冠ならびに義歯もろとも歯を台なしにしてしまいます。
このような事態を招かないよう根管治療では、痛みや、歯肉の腫れ、歯の外観を注意深く観察し、さらにX線写真による診査、感染の状態を知るための診査など、必要と思われる事柄を調べます。その結果をもとに病状の原因となる歯の根管治療を行います。
根管治療が不完全であったり、新たな感染や損傷が起こった場合は再治療が必要となります。
根管治療の方法
まず虫歯になった部分を取り除き、歯の神経のあるところまで穴をあけます。
そして、ばい菌が侵入し変質してしまった神経を除去して、神経の通っている穴と、それにつながる根の中の管すなわち根管の壁を少し削りながら全体をきれいに清掃します。
この作業は狭い口の中で、かつ直接見ることの難しい歯の中での10ミクロン単位での細かい作業です。根管治療は歯科治療の中でも相当な技術を必要とするのです。
その後、その空間をすき間なく害のない材料で満たし、歯にあけた穴の部分に土台を立てます。歯が今後永く機能するための基礎工事がこれで終了したことになります。