設備

高性能歯科用CT

高性能歯科用CT

従来のX線写真は2次元的な平面での診断しかできませんでしたが、歯科用CTスキャンでは3次元の立体画像でのレベルに変わるので、より多くの情報が得られます。CTモード以外にもパノラマ、セファロ、上顎洞、顎関節の撮影ができます。インプラント、虫歯治療、矯正歯科、顎関節症等、幅広い症例を1台で診断することが可能です。

手術(オペ)室

高性能歯科用CT

通常の診療スペースとは別に、インプラント専用の手術室を完備しています。インプラントに伴う外科的処置を清潔な環境下で行うことができます。
院内感染防止に努めた医院設計をしており、感染経路を遮断することに力を入れています。
また、器具の洗浄機・滅菌パック・滅菌器で感染対策を行い、患者さんが安心してインプラント治療を受けられるよう衛生管理も徹底しております。

最新のチェア

高性能歯科用CT

長時間の治療でも無理のない姿勢ができたり、快適に治療を受けられるよう、人間工学に基づいた様々な工夫が施されています。患者さんの不安を和らげ、快適さと心地よさを提供するチェアユニットです。

CAD/CAM 刀(katana)

高性能歯科用CT

CAD/CAMとは、コンピュータ制御によって歯の修復物を設計・作製するシステムのことです。歯に装着する白いかぶせ物などを作製するときに使用します。院内にCAD/CAMがあることで、よりスピーディーに技工物の製作や修正が可能となりました。

歯科用レーザー

高性能歯科用CT

CO2(炭酸ガス)レーザーは、通常のメスや電気メスに比べ組織への侵襲が少ないため、組織皮下層へのダメージが少ないと言われています。レーザーには切開の他にも鎮痛、殺菌、消毒、止血、消炎など多くの利点があります。

口腔内カメラ

高性能歯科用CT

口腔内カメラで写した患部をメドバイザー(液晶テレビのようなもの)で患者様に歯の状態を確認していただきます。

歯髄診断器

高性能歯科用CT

歯髄炎を調べる機器です。歯に流された少量の電流によって痛みを感じれば、歯髄(歯の神経)は生きていると判定されます。

アネジェクト(電動麻酔)

高性能歯科用CT

電動にてゆっくりと麻酔を入れていくので、ほとんど痛みなく麻酔をします。ゲージ(針)の大きさも多数そろえていますので、痛みの心配なく麻酔を受けていただいています。