噛み合わせ治療について

噛み合わせとは

歯を長持ちさせるには一番重要な治療です

噛み合わせは、上下の歯が接触して成り立っています。言いかえれば、位置が固定されている上あごの歯に対して下あごの歯がかみ合わさる位置が、かみ合わせの位置となります。また、このかみ合わせの位置は、下あごの周りについている筋肉(そしゃく筋)が、一番リラックスした、自然な位置と、一致していることが望ましいとされています。
噛み合わせ治療は、かみ癖、歯軋り、くいしばり、抜歯したままの歯など、何らかの原因でずらされた噛み合わせの位置を、そしゃく筋が一番リラックスできる位置と一致するように調整していく治療です。

噛み合わせが悪いと次のような症状が出ます

頭痛・肩こり

ズレた噛み合わせによって、顎の周りの筋肉が異常に緊張し、バランスが崩れます。特に側頭筋の過緊張が続くと、その筋肉が硬くなり血行が悪くなって筋肉性の痛みとなって頭痛が生じるといわれています。肩こりも同様で、顎から肩・首にかけて筋肉の過緊張により、首の筋肉に血行障害が起きて肩こり、首の痛みとなります。

耳鳴り・不眠症

不自然な噛み合わせの方は、顎に後方へのずれが生じ、耳の管が下顎の一部分によって圧迫されるので耳鳴りがしやすいです。また、不正な噛み合わせの悪いまま噛みしめる事により、アドレナリンの分泌を促す刺激を脳が受け取ると、脳細胞の働きを活性化させる物質が出て、脳は活動的な状態になるので不眠症に陥りやすいといわれています。

その他

生理痛・生理不順・不妊など婦人科系の病気、ぼんやりと無気力な気分になったり、イライラしたりといった精神的なバランスが崩れたり、ひどい場合には自律神経失調症を引き起こしたりします。

歯や口には、知覚過敏、口内炎、歯が摩耗する、歯周病の進行、頬や舌を噛みやすいなどといった影響があげられます。整った噛み合わせが健康を保つと言っても過言ではありません。

噛み合わせが大切な理由

大切な歯をより長く健康な状態にできる可能性

歯がしみたり、物を噛んで痛いと感じた時、「虫歯かも」と思うことがほとんどではないでしょうか?しかし、実際には歯そのものには異常がなく、噛み合わせのずれによって過度な負荷がかかったために痛みを感じることもあるのです。よって、噛み合わせを調整することで、改善する場合もかなりあります。詰め物や、かぶせ物を外す前に、噛み合わせ治療を行い改善することができればあなたの大切な歯をより長く健康な状態で保つことができるのです。

治療するメリット

歯にやさしい

歯がしみたり、噛むと痛んだり、物がはさまる時、あなたはまず、「虫歯かな?」と考えられると思います。
しかし実際には半数以上が歯そのものには異常がなく、噛み合わせがずれており、過度な負荷がかかったために起こっています。したがって、噛み合わせを調整することにより改善する症例はかなりあります。
詰め物や、かぶせ物をはずす前に、まず噛み合わせ治療を行い改善すれば、大切な歯にとって一番やさしい治療といえるのではないでしょうか。
また、噛み合わせに問題のある歯は、同時に歯周病を併発していることが多く、噛み合わせ治療により歯周病も改善することが多く見られます。

体にやさしい

肩こり、首筋のこり、頭痛、耳鳴り、めまい、腰痛、ひざや背中の痛み、手足のしびれ、顎関節症、睡眠障害、疲れ目、かすみ目、頬をかむことによる口内炎、これらの症状は噛み合わせのずれによっても起こるといわれています。
噛み合わせのずれによる、顎周囲の筋肉の過緊張、顎関節内の位置異常、姿勢の変化によるものとされています。
噛み合わせ治療により、上記の症状がかなり改善する症例が数多く見られます。このことからも、噛み合わせ治療は体にもやさしい治療といえるのではないでしょうか。

噛み合わせ治療の流れ

噛み合わせ治療の流れ

インプラント治療・矯正治療・仮歯は自費となります。また、最終的な被せ物・義歯には保険と自費があります。詳しくは当院までお気軽にお問い合わせください。