歯科用CT

歯科用CTとは

立体的に精密分析でき、より安全で正確な治療計画が可能に

コンピュータを駆使したデータ処理と画像の再構成で、断層写真を得ることができる装置です。
歯科においてのCT診断は非常に有効です。
インプラントや親知らずの抜歯、矯正治療、根管治療、顎関節症などに用いられます。インプラントや矯正治療では、歯と顎の骨の位置関係、大きさなど従来のレントゲンでは見ることのできない情報をたくさん得ることができます。
従来のレントゲン撮影は平面なものでしたが、CT撮影では平面画像が3Dになり、骨の厚みや幅、硬さ、位置、歯根の状態なども精密に分析することができ、安全で正確な治療計画の立案ができます。
医科に比べて歯科の分野の場合は、ミクロンレベルでの情報を必要とします。医科の分野では大活躍のCTも、歯科の分野においては満足のいくレベルの高い空間分析機能は得られませんでした。
歯科用CTとは、コーンビーム式のスキャンを行うことで、短時間のX線照射による、歪みの少ない繊細な画像を断面で観察することができます。

歯科用CTを導入している歯科医院のメリット

メリット1 正確な診断による安全確保
3Dの立体画像により、骨の量や厚み、高さといった状態、神経や血管の位置など多くの情報を得られます。事前に患部の症状を正確に把握できるので、治療の安全性を飛躍的に高めます。
メリット2 患者様の負担軽減
従来のレントゲン撮影では平面撮影であったため、必要な分、様々な角度から何度も撮影を行わなければならなかったのに対し、一度の撮影で様々な角度や位置の情報を取得できるため、患者様への診療時間短縮・診察時のご負担軽減が期待できます。
メリット3 患者様の時間・費用負担の軽減
歯科用CTが歯科医院に導入されていると他の医療機関まで出向いて撮影する必要がなくなるため、通院のための時間や費用の負担も軽減されます。また、撮影後すぐに画像を確認できるので、治療に入るまでの時間短縮も可能です。
メリット4 分かりやすい説明で安心・納得の治療
3Dの立体画像をご覧いただくことで、歯科医師が患部の状況を正確に把握できることはもちろんのこと、患者様へもより分かりやすい説明を行うことができます。治療内容に納得していただき、安心して治療を受けていただけます。